GRIT!

気になったことを丁寧に。教育、暮らしのことが好みです。

江戸切子と薩摩切子どこで買える?外国人観光客に喜ばれるのはどっち?

はじめに

http://www.tadanosuke.jp/upload/save_image/05271949_592959b0cc389.png

http://www.tadanosuke.jp/upload/save_image/05271949_592959b0cc389.png


日本の夏は蒸し暑くないですか?

そんな時には少しでも日本の生活に涼を取り入れたい所。
お茶やジュースにカランと氷を入れて涼むのもいいですが、更に涼しげなコップで飲むと、涼の具合が激増します。

涼しげなコップといえば、「切子!!」

我が家は定番の青い切子のコップを使っていますが、赤や黒、紫や透明も時々みかけます。

さらに切子のコップは、キティちゃんやドラえもんとコラボしたこともあるようです!!
切子商品、日本の伝統文化ですが、海外の反応はいかがでしょうか?

ホストファミリーとして、世界からの留学生を受け入れながら気づいたこと。


海外の人からの切子ウケ最高◎!!!


そこで、日本で有名な江戸切子薩摩切子に注目してみました。


それぞれの切子商品をどこで買えるのか
外国人観光客に喜ばれるのは江戸か?薩摩か?

ひとつづつ見ていきましょう。

そもそも、江戸切子、薩摩切子って?
特徴の違いを簡単にまとめてみました。

江戸切子と薩摩切子の違い


項目 江戸切子 薩摩切子
歴史 江戸時代から現代まで継承 江戸時代から幕末 現在は復刻生産
特徴 日用品として作られた 交易用、観賞用として作られていた
ガラス 薄いので透明感・華やかさあり かぶせガラス・重厚感あり
価格 値段の幅あり・種類が豊富 復刻品のため比較的値段高め
国の伝統工芸品 はい いいえ

江戸切子 取り扱い店舗 3選


江戸切子の聖地は亀戸、浅草


①(亀戸駅)彩り硝子工芸江戸切子製造販売店

f:id:o9o9588o696:20170803152638j:plain

[住所] 東京都東区亀戸4-9-13-2F
[アクセス]JR総武線 亀戸駅北口 徒歩6分
[定休日]不定休
[営業時間]10-18(日祝日は16時まで)
[お問い合わせ](03)5609-3618
[公式サイト]
http://www.edokiriko.com/annai.htm

※オススメポイント※
①英語対応のホームページもある!
江戸切子体験もある!(今夏も開催)


②(亀戸駅)江戸切子の店 華硝

www.edokiriko.co.jp

[住所] 東京都江東区亀戸3-49-21-3F
[アクセス]JR総武本線亀戸駅北口から徒歩約12分
[定休日] 月曜日(祝日の場合は火曜日が休み)
[営業時間]
平日 10:30~18:00
土・日・祝 11:30~17:00
[お問い合わせ] (03)6661-2781


③(浅草駅)浅草江戸切子 おじま

f:id:o9o9588o696:20170803161758j:plain

[住所] 東京都台東区浅草4-49-7
[アクセス] 都営浅草線浅草駅より徒歩13分
[定休日] 日、月曜日
[営業時間] 9-16
[お問い合わせ] 03-4285-9664
[公式サイト]
江戸切子切子工房浅草おじま

※オススメポイント※
アイドルマスター取材・・・外国人ウケが良い!
②切子体験教室がある
③立地が良い・・・浅草観光と一緒に切子体験ができる

薩摩切子 取り扱い店舗 3選

①島津薩摩切子ギャラリーショップ 磯工芸館

f:id:o9o9588o696:20170804114803j:plain

[住所]鹿児島市吉野町9688-24
[アクセス]※「空港から、駅から、お車で」と3通りの紹介があります※
http://www.satsumakiriko.co.jp/access/index.html
[定休日]年中無休
[営業時間]8時30分~17時30分
[お問い合わせ]099-247-8490
[公式サイト]
SHIMADZU|伝統工芸品 薩摩切子|薩摩ガラス工芸

※オススメポイント※
工場見学ができる!!
[工場定休日]毎週月曜日と第3日曜日(月曜日が祝日の場合、翌火曜日と第4日曜日)
[工場見学時間]9時00分~17時00分

●工場見学休止期間:2017年7月27日(木)~2017年10月24日(火)~リニューアル工事のため~●



②島津薩摩切子ギャラリーショップ 仙巌園

f:id:o9o9588o696:20170804115300j:plain

[住所]鹿児島市吉野町9700-1
[アクセス]
営業案内 | 名勝 仙巌園 [磯庭園]
[定休日]年中無休
[営業時間]8時30分~17時30分
[お問い合わせ]099-247-1551(代表)
[公式サイト]
名勝 仙巌園 [磯庭園] | 武家の伝統を支えるさまざまな行事に加え、四季折々の花が咲き乱れる仙巌園は、鹿児島を代表する観光地です。


③Busho 株式会社 ガラス工房 舞硝

f:id:o9o9588o696:20170804120023j:plain

※薩摩切子は鹿児島県の伝統工芸品(国の伝統工芸品として要件を満たさず)※

[住所]鹿児島市川上町19658 〈㈲サンダイ 鹿児島営業所のとなり〉
[アクセス]
アクセス 交通案内 【 Busho ガラス工房 舞硝 】 薩摩切子
[定休日]不定休
[営業時間]8:30-17:30
[お問い合わせ]099ー244-7515
[公式サイト]
ガラス作家 頌峰(SHOHO)【 日本の匠 伝統美の芸術 薩摩切子 】

※オススメポイント※
 ショールーム:有り 
 ②制作場 見学:工房 窓から時々見学可
 ③電話予約すると、無料でガイドしてくれるとのこと。〈2017.08.04 電話で確認済み〉


外国人観光客に喜ばれるのは江戸?薩摩?

 来日した方が、母国にお土産として購入しやすいのは江戸切子だと思います。
 東京観光の際立ち寄れる体験もあるので、喜んで頂けると思います。
 

まとめ

 いかがでしたか?
 今回、「江戸切子」と「薩摩切子」の歴史や特徴に触れ、個人的には「薩摩切子」に興味を持ちました。
 販売店を調べてみても、「薩摩切子」の方が圧倒的に少ない!!!

 「歴史の荒波に巻き込まれ、一度は絶えた」という悲しい生い立ちを持つ「薩摩切子」。
 
 一人酒のお供に最適のグラスかもしれません。。


 江戸切子 取り扱い店舗 3選
 ①(亀戸駅)彩り硝子工芸江戸切子製造販売店
 ②(亀戸駅)江戸切子の店 華硝
 ③(浅草駅)浅草江戸切子 おじま

 ●薩摩切子 取り扱い店舗 3選
 ①島津薩摩切子ギャラリーショップ 磯工芸館
 ②島津薩摩切子ギャラリーショップ 仙巌園
 ③Busho 株式会社 ガラス工房 舞硝

 ●外国人観光客に喜ばれるのは江戸?薩摩?
 「江戸切子