GRIT!

気になったことを丁寧に。教育、暮らしのことが好みです。

【ピンピンコロリ】目指せピンコロ!元気な年寄りの健康法5選

f:id:o9o9588o696:20170928164617j:plain

 

はじめに(元気な年寄り紹介)

あなたの老後イメージは明るいですか?暗いですか?

「いつまでも自分の足で歩きたい!」「自分の好きな場所で生活したい!」等、

老後のイメージがあると思います。

 

本日は元気な老夫婦をご紹介。

私の主人の祖父母です。

 

●祖父:93歳

●祖母:88歳

 

①夫婦ともに自宅で生活。(家族構成:祖父・祖母・父・母)

②祖父は健康なため、デイケアサービスも利用できず。

③祖母は週2回、デイケアサービスを利用中。

④杖なし、オムツなし、家で生活!!!(夫婦共通)

⑤好奇心旺盛(顔を見に行くたびに質問攻撃にあう。)

 

なぜ、二人はこんなに元気なのか?

彼らの日常生活を分析しました。

  

ピンピンコロリ(ピンコロ)ってどんな意味?

ピンピンコロリとは、病気に苦しむことなく、元気に長生きし、病まずにコロリと死のうという意味の標語。略してPPKとも言う。

1980年長野県下伊那郡高森町で、北沢豊治が健康長寿体操を考案。1983年、日本体育学会に「ピンピンコロリ (PPK) 運動について」と題し発表したのが始まり。

ピンピンコロリ - Wikipedia

 

 

母の口癖:「ピンコロが一番!お父さん、お母さん、ピンコロですよ、ピンコロ!!」

洗脳効果は抜群のようです。

 

健康法5選

実家のライフスタイルを分析!!

「ピンコロや長寿につながる健康法」がありました。

彼らにとって特別なことではありません。

彼らはただ日常生活を送っているだけです。

 

①野菜をよく食べる

②味付けが薄い

③毎日欠かさず味噌汁を飲む

④よく働く!

⑤外食をしない

 

 

①野菜をよく食べる

⇒祖父も父も野菜を作っているので、旬の野菜が大量にあります。

母は旬野菜を、サラダ・煮物・つくだ煮・漬物等に七変化!!

肉:野菜=1:9です。

 

 

②味付けが薄い

⇒とれたて野菜が主役なので野菜のダシがたっぷりでます。

だから薄味でオッケー。

薄味すぎて、時々若者には不評。

でも上品な和食屋さんの味付けは薄いですよね?

私は素材をおいしくいただけるので大好きです!

 

 

③毎日欠かさず味噌汁を飲む

⇒朝は家族全員、必ず味噌汁。

母はパン好きですが、朝ご飯にパンと味噌汁を食べているのを見て驚きました!

味噌汁には最低3品、野菜を味噌汁の具として入れます。

ダシは、いりこ。

味噌は母の手作り!昆布を混ぜて作ります。

 

朝、味噌汁が余ると祖父母が昼食に残った味噌汁を食べます。

その際、そうめんを入れてアレンジ!!

 

味噌汁は、最高の栄養ドリンクですよね!!

 

 

④よく働く!

とにかく全員、よく働きます。

父母は、仕事と米、野菜つくり。

祖父母は家の敷地内で草取りや野菜つくり。

 

夜テレビを見るときでさえ、「にんにくの皮むき」や「小豆の仕分け」等、手は動いています。

 

 

⑤外食をしない

彼らはめったに外食をしません。

特に祖父母は必ず夕食は家で食べます。

外食の味付けは濃く、素材は安いものが多いですよね?

外食をしない生活が「ピンコロや長寿につながる健康法」につながっていることは間違いありません!

 

 

今回、祖父母に「元気な年寄りの秘訣」をインタビューしました。

 

祖父:「仕事・腹八分・適度な酒」

祖母:「聞き流すこと・忘れること・おいしく食べること」

 

お見事!!

人生をより良く生きるポイントが、お二人の回答に詰まっています!!

 

まとめ

「サプリや薬に頼らず、昔ながらの生活をする」

「手作りのご飯をいただく」

このような地に足がついた生活が「ピンコロや長寿」につながるのですね!

 

便利な世の中。

食事は外注したほうが効率がいい場合もあります。

そんなときに「老後のイメージ」。

あなたは「明るい老後」と「暗い老後」どちらを選択しますか?

今日から、「健康の老後積立」を始めましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!