GRIT!

気になったことを丁寧に。教育、暮らしのことが好みです。

【イケダハヤト】「旗を立てて生きる」意味や方法を詳しく説明!実例もまとめたよ!

f:id:o9o9588o696:20170929124837j:plain

 

はじめに

『旗を立てて生きる』イケダハヤト・晶文社を読了。

現代の「働き方」を見直し、新しい「働き方」を提案しています。

 

「働く」ということは、本来、だれかが抱えている課題を解決する、すばらしい活動のはずです。

生きているなかで相応の時間を占めている「働く」ことが、「つまらないもの」「つらいもの」「我慢してやるもの」「お金を稼ぐために仕方なくやるもの」に成り下がってしまっては、せっかくの人生、もったいないとぼくは思います。

どうせやるんですから、自信をもって「今の仕事、楽しいですよ」といえるようになりましょうよ。

 

世界をポジティブな方向に変化させる働き方・生き方のシフト宣言です。

 

Who is イケダハヤト?(イケダハヤトさんって?)

 イケダハヤトさんは、通称「イケハヤ」と呼ばれています。

ブログ界の神」ともいわれる人です。

 日々、ツイッターやブログで勢力的に情報発信をしています。

 

 プロブロガー。

 1986年生まれ。

 新卒で入社した大企業を11か月で退職。

 転職先のベンチャー企業も13か月で辞め、社会人3年目にフリーランスとして独立。

 ソーシャルウェブ、若者の価値観、これからの働き方などについて、ブログ「ihayato.書店」で情報発信を行っている。

 著書に

フェイスブック 私たちの生き方とビジネスはこう変わる』(講談社

『年収150万円で僕らは自由に生きていく』(星海社新書)などがある。

 

 引用:プロフィール

 

イケダハヤトさんの著書やブログ、ツイッターを拝見するたびに思うこと。

「この方、化け物?いつ寝てるの?もしくは、どんだけ仕事が速いの?」

ネット界のリーダーが提案する「新しい働き方」。

詳しくみてみましょう。

 

What is 「旗を立てて生きる」?(意味?)

「旗を立てる」=「仕事を通して解決したい問題をもつ」ということ。

「これからの時代の働き方」=「問題意識をもって働くこと」

 「この問題を解決したい!」という熱い情熱を抱くことができたとき、仕事は「自分のため」だけでなく、「世の中のため」になります。

 どうせ働くんだったら、もう一歩進んで「世の中のために」を実感する仕事をしましょうよ、というのがぼくの伝えたいことです。

 

 「仕事を通して解決したい問題はありますか?」という問いに対する答えを見つけるために必要なのは、自分の内面と向き合う努力だけです。

 「スキルアップ」「家族を養うため」という仕事をする理由では、モチベーションが続かないそうです。

 納得。

 このような理由では精神の疲労がすさまじいですよね。

 

How is 「旗を立てて生きる」?(どうやって?)

 ではどうやって、自分の内面と向き合い「仕事を通して解決したい問題」を特定したらよいのでしょうか?

 イケダハヤトさんは、「人生のコンパス(Why,How,What)」作ることを提案しています。

 

●「Why…もっとも重要な項目 なぜやるか」

⇒「一体どんな問題を解決したいがために仕事を行うのか?」という根源的な問い

●「How…どうやるか」⇒「問題を解決するアプローチ」

●「What…何をやるか」⇒例:経理の仕事

 

イケダハヤトさんの場合

●Why…埋もれている価値ある情報を伝えるために

●How…マーケティングとメディアを用いて

●What…NPO支援とブログ運営を行う

 「問題意識(Why)」が見つかれば、ぬるま湯からは脱出できるとのこと。

 また、「問題意識(Why)」が決まれば、自分の行動の選択に無駄がでないと思います。

 たとえば、同時に複数の仕事依頼が来た際。

 自分の「問題意識(Why)」から見て必要な仕事だけを受ける。

というように、「今」だけを見た行動選択が減ると思います。

 

 では「問題意識(Why)」をどのように見つけたらよいのでしょうか?

 

「問題意識を発見する方法」

①専門家としてのスキルを身につける

②日々の「これ、ありえない!」を大切にする

③自分の過去を振り返る

④他人と関わる

⑤本を読む

NPO活動に関わる

⑦「これからの〇〇」を考える

⑧とにかく行動してみる

 

問題意識は人それぞれです。

個人の体験、生育環境、所有するスキルによって、問題意識は変化するものです。

みなさんが抱く問題意識は、基本的に自分だけのオリジナルなものとなるでしょう。

 仕事中に通勤途中に、テレビを見て気になったこと。

 自分の中の「サワサワ?ソワソワ?」(私の場合)といった音を聞き逃さないということですね。

 私は今回、自分の旗「問題意識(Why)」を考えるときに上記の⑥以外を使って考えました。

 何か一つは見つかるものですね~。

 

 もし、①~⑧を使って「問題意識(Why)」が現時点で特定できなかったら、アンテナを立てて日常生活を送ると、アンテナが反応する=「問題意識(Why)」が特定できると思います。

 

Where is 「旗を立てて生きる」?(どこで?)

「旗=問題意識(Why,人生のコンパス)」が決まりました。

では、どこに旗を立てたらよいのでしょうか?

 

 ソーシャルネットワークフェイスブックツイッター、ブログ、ユーストリーム

をイケダハヤトさんは提案しています。

 

●企画書を作る(パワーポイント、Keynote等)

⇒どういう想いを抱き、どんな問題を解決しようとしているのか

 ①〇〇は問題だ(まず問題を語る)

  ↓

 ②①を裏づけるデータや実話、個人的体験(裏づけを語る)

  ↓

 ③解決案(解決案を語る、できればワクワクさせるものを)

  ↓

 ④協力してほしいこと(3つ:簡単・普通・ちょっとわがまま)

 

●企画書を広めるためのブログをつくろう

ツイッターフェイスブックも活用しよう)

 企画書作成。。

 私も実行します。

 頭の中には未来像がありますが、言葉に書き出すと自分の甘さに気づきます。

 さらに、企画書を世の中の皆さんに見てもらう、となると緊張しますね~。

 しかし、公開することで様々な意見をもらい、また自分の旗を固めていくということなのでしょう。

 

イケダハヤトさんの情報発信例

 

まだ労働で消耗してるの?

 

twitter.com

 

 イケダハヤトさんのツイッター更新回数は61回(リツイート除く 2017.10.21 カウント)

最近は仮想通貨の話題を中心に情報発信してあるようです。

これも「埋もれている価値ある情報を伝えるため」という「Why」はブレていませんね。

 

SNSを使って精力的に情報発信をしてある姿を私も見習います。

「旗を立てて生きる」

あなたも一読して、イケダハヤトさんからパワーをもらうことをおススメします。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。