GRIT!

気になったことを丁寧に。教育、暮らしのことが好みです。

【夜の公園・秋】散歩だけじゃない!子連れで楽しむ方法3選&必需品

f:id:o9o9588o696:20171002151243j:plain

はじめに

 ムスメーズ①②と主人の4人で生活しているアサコロモです。

 

 あなたは夜の公園に行きますか?

 私は通常、夜は家で過ごします。

 

 先日、家族で外出。18時過ぎに車で帰宅中、運動公園横を通りました。

 陸上競技場なので遊具は一切ありません。

 既に、日が暮れて辺りは真っ暗でした。

 が、ムスメーズ①②が「公園公園!!」とリクエスト。

 

 夜の公園、初体験!

 所要時間は30分程度。

 意外な3つの発見をお伝えします!!

 (一緒に楽しんでしまい、写真がなくてごめんなさい。)

 

 

 

夜の公園を子連れで楽しむ方法 3選

 

   ①とにかく走る!!

 運動公園の外周を歩くと、2~3キロあります。

 ムスメーズは、運動公園&夜の公園初体験ということもあり、「外周を歩く」という発想がありません。

 とにかく、駐車場~公園入口辺りを走っていました。

 とても広いので、これだけでも相当な運動量だったはず。

 

 

 ②階段、のぼりおり!!

 走り飽きたムスメーズ①②。次のターゲットは階段。

 こちらの運動公園は、道路を挟んで陸上競技場と野球場があり、その二つを歩道橋でつないでいます。

 昼間は、大勢の散歩者や競技参加者が歩道橋を利用。

 しかし、夜間は私たちの独占状態でした。

 1~数を数えながら(日本語)、階段を上ったムスメーズ①②。

 歩道橋の上から車のライトや夜景を見て、ムスメーズ①②絶叫!!

 「きれい~!!」

 また、1~数を数えながら(英語)階段を降り、また繰り返す。

 

 彼女たちのペースで階段遊びを楽しめたのは良かったです!

 

 

 ③夜の虫を観察する!!

 夜は虫たちが続々電気の周りに集まる時間。

 家の中から、ガラス越しに集まる虫を見るのと、ライブでは迫力が大違い!!

 特にムスメ①(5歳2か月)は大興奮!

 「なんで?なんで?」の連続でした!!

 といっても大半が、ビッグサイズのカメムシでしたが…。

 それでも大満足でした!

 

 以上3選、昼間なかなか味わえない公園の楽しみ方でした!!

 

 

夜の公園 必需品(秋)

 突然の公園立ち寄りでしたので、準備不足でした。

 あったらよかったモノを2点まとめます。

 

 ①反射グッズ

 辺りは真っ暗ですが、シャカシャカ歩いている、走っている人影が多数。

 いきなり人影が視界に入り、何度もビクッとしました。

 意外と皆さん、目立つ対策されていないんですね~。

 

 とはいえ、こちらは小さい子連れ。

 けがや事故を避けるためにも、「反射するバンド」等、反射グッズを用意しておけば良かったと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ②上着

 やはり、日暮れは肌寒いですね~。

 一枚、羽織れる上着があれば時間を気にせず遊べました!!

 

夜の公園で意識したこ

 それは公衆電話の存在。

 日中は、気にならない、気にしたことがありませんでしたが、夜の公衆電話は存在感がありました。

 非常時に役立つ公衆電話。

 これから、外出の際は気を付けて公衆電話の位置を確認しようと思いました。

 

  結論:子連れでの夜の公園

 準備をして行けば、子どもが喜ぶこと間違いなしです!!

  

まとめ

●夜の公園を子連れで楽しむ方法 3選

 ①とにかく走る!!

    ②階段、のぼりおり!! 

 ③夜の虫を観察する!!

●夜の公園 必需品(秋)

 ①反射グッズ

 ②上着

●夜の公園で意識したこ

 公衆電話の存在。